美しき日本の言葉

なぜ、物が使えなくなる事を『オシャカになる』というのか?


From:渡辺知応

『オシャカになる』といえば、、、
作る過程において失敗したり、製品として役に立たないものになる事をいいます。
または、二度と使えない状態になる時の事の例えとしても使われます。

例えば、、、
『すっ転んで自転車をオシャカにしちゃった』といった具合に機会や道具について言ったり、、、
『せっかくの機会がオシャカになった』などとも使います。

さてさて、この言葉には面白い語源説があります。
まずは、関東編から。

金属を加熱して型に流し込み製品化をする工場などで、日を強くし過ぎて失敗してしまった時に使う言葉だったと言われています。
つまり、製品をダメにしてしまった時に使う隠語ということですね。

では、なぜ『オシャカになる』なのか?

それは、『火が強かった』と言うフレーズが、、、
江戸訛り『ひ』と『し』が同じ発音のため、と工場のうるささによって、、、
『ひがつよかった』といったはずなのに『4月8日(しがつようか)』と聞き間違えて、、、
4月8日はお釈迦様の誕生日だから『オシャカになった』と洒落を掛けた言葉になったという説があります。

また、関西編では、お地蔵さんを建立しようとしたらお釈迦様を建立してしまったところから、『あんれま!お地蔵がお釈迦になった!』という説があります。

また、別の説として、死ぬことから転じて物事がダメになることをいう俗語『お陀仏』がさらに転じて『お釈迦』になったという説もあります。

まぁ、形あるものは必ず壊れるという『諸行無常』を言ったお釈迦様からすれば、まさかここで自分の名前を使われるとは思ってもいなかったでしょう。

色々な説がありますが、根本を正しく、正確に使って欲しいと切に願います。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. 近代家族の特徴と盲点

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。

    From:渡辺知応 『つつがなくお過ごしのこと存じます。』と…

  2. 美しき日本の言葉

    尾を振る犬は叩かれず

    From:渡辺知応 『窮鳥懐に入れば猟師も殺さず』 これ…

  3. 美しき日本の言葉

    男時と女時はどんな時?

    From:渡辺知応昇進が決まり、持っている株の値があがり、フットサルの…

  4. 美しき日本の言葉

    噂好きの人や媚を売る人の話

    From:渡辺知応『金棒引き』という言葉をしっていますか?これは、些細…

  5. 美しき日本の言葉

    のっぴきならない状態とは?

    From:渡辺知応あなたは『のっぴきならない』という言葉を使ったことが…

  6. 美しき日本の言葉

    もしあなたが『◯◯の指南役』と呼ばれたいのであれば、、、

    From:渡辺知応密かに人気を集めている『恋の指南役』こと恋愛コンサル…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    実は日本の衣食住に深く関わっていた藁(わら)について
  2. 旅のレポート

    [画像あり]伊香保温泉の旅レポ
  3. ことわざ

    スーパーの特売日でみる光景を表すことわざ
  4. Photo@t-miki

    日本の風習

    なぜ雛人形を早く片付けなければ、お嫁に行けなくと言われたのか?
  5. 日本の風習

    日本の風習に合った出生の順番とは?
PAGE TOP