美しき日本の言葉

噂好きの人や媚を売る人の話

From:渡辺知応

『金棒引き』という言葉をしっていますか?
これは、些細なことを、大げさに言いふらす人を指している言葉です。
まぁ、単に噂好きのおしゃべりな人って事ですね。

例えばこんな感じで、、、
『えー?次年度の人事をあの人に話しちゃったの?』

『え?ダメだった??』

『やばいよね、、、だってあの人とんでもない金棒引きだから、どんな噂が広がるかわからないよ。。。』

『あ、、、やば、、、』

といった具合です。

さて、金棒とは、その頭部にいくつかの鉄の輪がついた鉄製の杖の事を言います。
地面に突くと輪の音がガシャン!と頭の輪が音を立てます。

昔は『金棒引き』と呼ばれる人が、その金棒を引きながら、音をさせつつ夜回りをしていました。
人々の注意をひいて夜の警備に勤めたそうです。

金棒を引きながら火の用心などをふれ歩いていた金棒引きですが、、、
その様子がちょっとしたことを大げさにいいふらすような人のように映り、一般的な用語として使われるようになりました。
みんなの安全を願って夜警しているのに、なんだかかわいそうな気もしますが、、、

ちなみに、『提灯持ち』ということわざもありますが、こちらは『金棒持ち』とは逆です。

人をやたら褒めて、持ち上げて、媚を売る人の事をいいます。
かつて、夜歩きをするときは、お共の人間が提灯をもって先導しました。

腰を低くかがめて、足元を照らし、安全に道中を案内している様子が、はたから見ると媚を売っているように見える事からそう呼ばれるようになったようです。

まぁ、どちらの言葉も元々の役目から180°違った意味となっていますね。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    『しょぼくれる』とは『雨』を表した語句だった?!について

    From:渡辺知応『一回くらいの失敗でしょぼくれるなよ』とか『そんなし…

  2. 美しき日本の言葉

    まぼろし〜♪ではなく、まほろば〜♪

    From:渡辺知応 『まほろば』という日本語があります…

  3. 美しき日本の言葉

    なぜ、物が使えなくなる事を『オシャカになる』というのか?

    From:渡辺知応『オシャカになる』といえば、、、作る過程において失敗…

  4. 美しき日本の言葉

    男時と女時はどんな時?

    From:渡辺知応昇進が決まり、持っている株の値があがり、フットサルの…

  5. 美しき日本の言葉

    あなたの為?いや、それは自分の為だね。。。

    From:渡辺知応 『おためごかし』という言葉がありますが、…

  6. 美しき日本の言葉

    『たなごころ』に現れる日本人の心

    From:渡辺知応『私の頬をそっと包んでくれた母の”たなごころ”は、柔…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    枕にかんするアレコレ
  2. 美しき日本の言葉

    『面食らう』のメンは、実は『麵』だった話
  3. 日本の禁忌(タブー)

    夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 日本の禁忌(タブー)

    『見てはいけない』の理由
  5. ことわざ

    『犬が歩く』ことわざといえば、、、
PAGE TOP