日本の風習

日本のお墓事情について


From:渡辺知応

あなたは、『お墓』というキーワードからどのようなものを思い浮かべますか?
恐らく多くの人は、◯◯家先祖代々と書いた石塔の下に火葬した遺骨を納める場所と答えるのではないでしょうか。

しかし、日本のお墓歴史を見ていくと、地域や時代の背景によって様々な形があるのです。
例えば、、、
現代のイメージ通りのお墓である、火葬した骨と石塔が同じ場所に設けられるものを『単墓制』といいます。
それに対して、近畿地方を中心に遺体の埋葬地と石塔の場所が全く異なる場所にあるところもあります。
この場合、1人の死者に対してお墓が2つあることから『両墓制』と呼ばれています。

さらにさらに、石塔を建てず埋葬のみを行う場合。火葬だけして遺骨を遺棄して墓を全く設けない事例も歴史上存在します。

日本人のお墓はこれだ!といったものがないのが、日本人のお墓歴史です。

先ほど少し説明した『両墓制』ですが、本来は穢れた遺体と神聖な霊魂を祀る場所を分ける古代の日本人の民族性に根ざした固有信仰によるものだと思われてきました
しかし、色々と調べていくうちに『両墓制』は戦国時代の末期以降に石塔が建てられるようになって、初めて現れたものなのです。
仏教の浸透により、死者を祀るという考え方が一般庶民に広がったことが起源だとわかりました。

つまり、お墓はそれぞれの地域や時代の背景、考え方の影響を受けて、かたちを変えてきたのです。
また、『先祖代々』と刻まれたお墓は戦後、特にここ数十年の間に広まり、一般化したようです。
戦後の日本は家制度が否定されたのにもかかわらず、このようなお墓がどんどん増えていったのです。

なんだかんだいっても、最後に行き着くのは自分のルーツの場所なのですね。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 日本の風習

    標準語と方言。さて、どちらが”標準”なのか?

    From:渡辺知応同じ日本語を話しているのに、、、言葉が通じない。なん…

  2. 日本の風習

    『向こう三軒両隣』とは?

    From:渡辺知応『向こう三軒両隣』と言えば、、、読んで字のごとく、自…

  3. 日本の風習

    庶民は『寝正月』が当たり前だった?!

    From:渡辺知応 元日は各地のお寺や神社に初詣の参拝者が溢…

  4. Photo@Vive La Palestina

    日本の風習

    どうして『人の噂も75日』というのか?

    From:渡辺知応『人の噂も75日』という”ことわざ”を聞いた事がある…

  5. 日本の風習

    『あの世』はどこにあるの?

    From:渡辺知応あの世?向こうの世界?さてさて、人は亡くなった後は何…

  6. 日本の風習

    鬼を祓う役だったのに、その姿が異様で奇怪すぎて鬼になった話

    From:渡辺知応 1年の初めという意味で、正月と立春の行事…

ピックアップ記事

  1. 語源

    日本語の理解に苦しむ外国人
  2. 語源

    相手おちょくるジェスチャー『あっかんべぇ』とは?
  3. 日本のしきたり

    安産と帯祝いの不思議な関係について
  4. ことわざ

    海老で釣られる鯛は幸せである理由
  5. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み
PAGE TOP