日本の風習

日本のお墓事情について

From:渡辺知応

あなたは、『お墓』というキーワードからどのようなものを思い浮かべますか?
恐らく多くの人は、◯◯家先祖代々と書いた石塔の下に火葬した遺骨を納める場所と答えるのではないでしょうか。

しかし、日本のお墓歴史を見ていくと、地域や時代の背景によって様々な形があるのです。
例えば、、、
現代のイメージ通りのお墓である、火葬した骨と石塔が同じ場所に設けられるものを『単墓制』といいます。
それに対して、近畿地方を中心に遺体の埋葬地と石塔の場所が全く異なる場所にあるところもあります。
この場合、1人の死者に対してお墓が2つあることから『両墓制』と呼ばれています。

さらにさらに、石塔を建てず埋葬のみを行う場合。火葬だけして遺骨を遺棄して墓を全く設けない事例も歴史上存在します。

日本人のお墓はこれだ!といったものがないのが、日本人のお墓歴史です。

先ほど少し説明した『両墓制』ですが、本来は穢れた遺体と神聖な霊魂を祀る場所を分ける古代の日本人の民族性に根ざした固有信仰によるものだと思われてきました
しかし、色々と調べていくうちに『両墓制』は戦国時代の末期以降に石塔が建てられるようになって、初めて現れたものなのです。
仏教の浸透により、死者を祀るという考え方が一般庶民に広がったことが起源だとわかりました。

つまり、お墓はそれぞれの地域や時代の背景、考え方の影響を受けて、かたちを変えてきたのです。
また、『先祖代々』と刻まれたお墓は戦後、特にここ数十年の間に広まり、一般化したようです。
戦後の日本は家制度が否定されたのにもかかわらず、このようなお墓がどんどん増えていったのです。

なんだかんだいっても、最後に行き着くのは自分のルーツの場所なのですね。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 日本の風習

    無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?

    From:渡辺知応 前回の記事で『左義長(さぎちょう)』とい…

  2. 日本の風習

    鬼を祓う役だったのに、その姿が異様で奇怪すぎて鬼になった話

    From:渡辺知応 1年の初めという意味で、正月と立春の行事…

  3. 日本の風習

    サザエさんの家はなぜ平和なのか?

    From:渡辺知応アニメ『サザエさん』の中で描かれる家族はとても平和に…

  4. 日本の風習

    東京と富士山の関係

    From:渡辺知応東京23区には40あまりのミニ富士山があります。富士…

  5. 日本の風習

    学校の怪談が流行る理由

    From:渡辺知応誰もいない音楽室から流れてくるピアノの音…

  6. Photo@t-miki

    日本の風習

    なぜ雛人形を早く片付けなければ、お嫁に行けなくと言われたのか?

    From:渡辺知応今日はひな祭りですね。前回の記事でもお話ししましたが…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    饅頭が供物の代表格である理由とは?
  2. ことわざ

    赤信号、みんなで渡れば、、、
  3. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!
  4. 日本の風習

    『とおりゃんせ、とうりゃんせ』のわらべ唄に隠された秘密
  5. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?
PAGE TOP