ことばの由来

『いの一番』の『い』とはいったい何?


From:渡辺知応

『いの一番に飛び込んだ』や『いの一番で診てもらった』
と聞けば、誰よりも早くその場所に到達したかった様子が伺えますよね。

物事の順番を表す際に使われたこの言葉ですが『いの一番』とはいったいなんなんだ?
と、思う人もいるはずです。
現代では『あいうえお順』がスタンダードですが、以前は『いろは順』でした。

例えば、国語辞書の配列や芝居小屋の座席も以前は『いろは順』で並んでいたそうです。
現代ではほとんど『あいうえお順』へと変わってしまったようです。

古くからある銭湯や料亭などでは『いろは順』にならんだ下足入れがまだあるところがあります。
ちなみにですが、、、
現代の『あいうえお順』では『い』が2番目にきてしまいます。
なので、混乱を避ける為に『あの一番』という言葉は生まれなかったといわれています。
とは言え、『いの一番』という音の響きや語呂が合っている為、これから先もこの語句は生き続けるでしょうね。
時代が変わり、慣用が変化しても『いの一番』だけは健在なのです。

『いろはにほへと』くらいは誰でも知っている『いろは歌』ですが、明治の初め頃までは寺子屋や学校で習う最初の勉強でした。

文字の配列だけの『あいうえお順』ではなく、歌で覚える『いろは歌』の方がずっと覚えやすかったのではないかと思ってしまいます。

ちなみにこの『いろは歌』は仏教の諸行無常(しょぎょうむじょう:形あるものはやがて滅するといった意)が語られています。

さて、お盆の期間は色々と忙しいので、このブログは少しお休みです。
次回の更新は8月17日となります。

それでは、良いお盆休みをお過ごし下さい。
いの一番にLet’s go!お墓参り!です!

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. ことばの由来

    【怒り】自分自身の保身を守る時に使う『詰め腹を切る』について

    From:渡辺知応『詰め腹を切る』朝からなんとも物騒な話を始めようとし…

  2. ことばの由来

    『千鳥足』ってどんな足?

    From:渡辺知応あなたは、酔っ払って千鳥足になってしまった経験はあり…

  3. ことばの由来

    語呂合わせが変化した『あたりまえ』について

    From:渡辺知応『あたりまえ』はなぜ、あたりまえなのか?それは漢語『…

  4. ことばの由来

    黙って見ていてくれ!を言う日本語とは?

    From:渡辺知応『細工は流々、仕上げをごろうじろ』と、決まり文句のよ…

  5. ことばの由来

    『ぼんくら』の『ぼん』は◯◯用語

    From:渡辺知応『おい!この”ぼんくら”っ!どこに目を付けていやがん…

  6. ことばの由来

    どざえもんの由来について

    From:渡辺知応 『どざえもん』といえば、意味は水死体の事…

ピックアップ記事

  1. 四字熟語

    おみくじを引く鳥の話し
  2. 日本の風習

    日本のお墓事情について
  3. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み
  4. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?
  5. Photo@Vive La Palestina

    日本の風習

    どうして『人の噂も75日』というのか?
PAGE TOP