美しき日本の言葉

なぜ命拾いをした時に『クワバラ、クワバラ』と言うのか?

From:渡辺知応

事をし損じて、危ない目に合いそうななった時に使う言葉?
と、言うか。おまじない?というか、、、

『すんでんのところで助かったよ。クワバラクワバラ。』

『危うく命拾いをしたよ。クワバラクワバラ。』

と、いった具合で使う、『クワバラ』とはいったどんな意味があるのでしょうか?

この言葉の語源説の一つに菅原道眞(すがわらみちざね)が関わっている物語がとても有力です。

菅原道眞の領土の一つに『桑原』と呼ばれる地域があったそうだ。
で、その土地には全く雷が落ちなかったそうです。
で、もって道眞公は死んだ後に雷になったとも言われている俗説があります。

これのどこが、危ない目に合いそうななった時に使う言葉になったのか?

つまり、本来の『クワバラクワバラ』は雷除けの呪文だったということなのです。
これが変じ転じて、雷だけでなく、一般的に嫌なことや恐ろしいことから逃れたい時に使われるようになったそうです。

で、もって更に変じ転じて、物騒なところから逃げ出す時に使うようになり、、、
冒頭のように、ほっとしたところで言う場合も増えたそうです。

この手の呪文系は、一度だけ唱えただけでは効果が薄いと言われています。
大方『クワバラ、クワバラ』と二度重ねて唱えます。
で、更なる効果を期待して三度重ねて唱えると良いとされています。
狂言や落語、謡曲などにも『南無三桑原』といったセリフなどが出てきます。
これが出てきた時は仏様に頼み込む風情が伝わってきます。

『クワバラ』をまとめると、、、
寸前のところで雷に撃たれずに生き延びた。
が変じて、、、
寸前のところで死なずに済んだ。
となった訳です。
一度ではなく、二度唱える『クワバラクワバラ』、三度唱える『南無三桑原』で仏様に感謝する様子ということですね。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    『しょぼくれる』とは『雨』を表した語句だった?!について

    From:渡辺知応『一回くらいの失敗でしょぼくれるなよ』とか『そんなし…

  2. 美しき日本の言葉

    噂好きの人や媚を売る人の話

    From:渡辺知応『金棒引き』という言葉をしっていますか?これは、些細…

  3. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。

    From:渡辺知応 『つつがなくお過ごしのこと存じます。』と…

  4. 美しき日本の言葉

    新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?

    From:渡辺知応日本語は難しい、、、そう言っていたのは、日光で出会っ…

  5. 美しき日本の言葉

    クリスティアーノ・ロナウドが刺青を入れない理由

    From:渡辺知応『あたら』という日本語があります。最近ではあまり聞き…

  6. 美しき日本の言葉

    のっぴきならない状態とは?

    From:渡辺知応あなたは『のっぴきならない』という言葉を使ったことが…

ピックアップ記事

  1. 日本のしきたり

    犬と安産を結ぶ、知られざる秘密
  2. 四字熟語

    意味がわかるようで、かわらない、『いみしん』の意味とは
  3. 日本の風習

    意味不明の読経と意味がわかりすぎる家族の悲しい叫び
  4. 日本の風習

    なぜ、節分の日に豆を投げるのか?
  5. 物事の始まり

    『和泉』は何と読むのでしょうか?
PAGE TOP