美しき日本の言葉

なぜ命拾いをした時に『クワバラ、クワバラ』と言うのか?


From:渡辺知応

事をし損じて、危ない目に合いそうななった時に使う言葉?
と、言うか。おまじない?というか、、、

『すんでんのところで助かったよ。クワバラクワバラ。』

『危うく命拾いをしたよ。クワバラクワバラ。』

と、いった具合で使う、『クワバラ』とはいったどんな意味があるのでしょうか?

この言葉の語源説の一つに菅原道眞(すがわらみちざね)が関わっている物語がとても有力です。

菅原道眞の領土の一つに『桑原』と呼ばれる地域があったそうだ。
で、その土地には全く雷が落ちなかったそうです。
で、もって道眞公は死んだ後に雷になったとも言われている俗説があります。

これのどこが、危ない目に合いそうななった時に使う言葉になったのか?

つまり、本来の『クワバラクワバラ』は雷除けの呪文だったということなのです。
これが変じ転じて、雷だけでなく、一般的に嫌なことや恐ろしいことから逃れたい時に使われるようになったそうです。

で、もって更に変じ転じて、物騒なところから逃げ出す時に使うようになり、、、
冒頭のように、ほっとしたところで言う場合も増えたそうです。

この手の呪文系は、一度だけ唱えただけでは効果が薄いと言われています。
大方『クワバラ、クワバラ』と二度重ねて唱えます。
で、更なる効果を期待して三度重ねて唱えると良いとされています。
狂言や落語、謡曲などにも『南無三桑原』といったセリフなどが出てきます。
これが出てきた時は仏様に頼み込む風情が伝わってきます。

『クワバラ』をまとめると、、、
寸前のところで雷に撃たれずに生き延びた。
が変じて、、、
寸前のところで死なずに済んだ。
となった訳です。
一度ではなく、二度唱える『クワバラクワバラ』、三度唱える『南無三桑原』で仏様に感謝する様子ということですね。

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    てんやわんやの大騒ぎってどんな騒ぎ?

    From:渡辺知応 『てんやわんやの大騒ぎ』なんて決まり文句…

  2. 美しき日本の言葉

    総スカンの『スカン』って何?

    From:渡辺知応 『仲間うちから総スカンを食らう』や『いい…

  3. 美しき日本の言葉

    異性に惚れ込んでしまう様子を『首ったけ』という理由

    From:渡辺知応約20年前に『メリーに首ったけ』というロマンティック…

  4. 美しき日本の言葉

    なぜ、物が使えなくなる事を『オシャカになる』というのか?

    From:渡辺知応『オシャカになる』といえば、、、作る過程において失敗…

  5. 美しき日本の言葉

    もしあなたが『◯◯の指南役』と呼ばれたいのであれば、、、

    From:渡辺知応密かに人気を集めている『恋の指南役』こと恋愛コンサル…

  6. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの

    From:渡辺知応最近では、おもむきある言葉もあまり聞かなくなってきた…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について
  2. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった
  3. 四字熟語

    牛が一鳴きする距離
  4. 日本の風習

    『向こう三軒両隣』とは?
  5. ことばの由来

    語呂合わせが変化した『あたりまえ』について
PAGE TOP