語源

チャリンコの原点に迫る


From:渡辺知応

チャリンコ?
え?自転車のことでしょう?
しかし、かつてチャリンコは次のように使われていました。

『昨日さぁ、、、
祭りに出かけたんだけど、チャリンコに銭をスラれちゃったよ。で、すぐに気がついて追いかけたんだけど、すばしっこくて逃げられちゃったんだよね。。。』

といった具合です。
いやはや、何もこれは自転車に乗ったスリという訳ではありませんし、、、
自転車だったから走っても追いつかなかったという訳でもありません。

もともとチャリンコは『子供のスリ』を指す隠語でした。
これは日本がまだ貧しかった頃の話です。
あちらこちらでスリをする子供が結構いたそうです。
人の集まるところには、たいてい2、3人がたむろしてその機会を伺っていたそうです。
チビですばしっこいので上手くいったという、悲しい事実が残っています。
現にオリンピックで盛り上がっているブラジルでもかつての日本と同じ様なことが起こっています。

ちなみに辞書に『チャリンコ』なんて言葉は乗っていないだろうと、、、
と興味本位で調べたところ、載っていました。

『小学館日本語新辞典』には俗語として、、、
①子供のスリのこと
②自転車のこと
としっかり記載されていました。

現代ではチャンコ=自転車として知れ渡っていますが、、、
1970年代以降に東海地方を除き全国的にこの意味で浸透しています。
ちなみに東海エリアではケッタと言うそうです。
で、なぜチャリンコ=自転車なのかと言うと、、、
この語源は自転車のベル音が『チャリン』と鳴るからきたとする説が有力です。
また、朝鮮語で自転車を意味するチャジョンゴからきたとする説もあります。
更には上記の二つが合わさって出来たとする説があります。

冒頭に述べた子供のスリという説もありますが、、、
いまいち関連性が薄いので、こちらは俗説と思われます。
チャリと略されるほかに、チャリキといった呼び方もあります。

ちなみに、この記事を書いていてチャリキを漢字変換させたら、『チャリ機』と出ました。
なんとなくこの漢字変換に納得してしまうのは私だけでしょうか。。。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 語源

    日本語の理解に苦しむ外国人

    From:渡辺知応前回、標準語と方言。さて、どちらが”標準”なのか?と…

  2. 語源

    鬼は何処にいるんですか?

    From:渡辺知応鬼は何処にいるんですか?極々たまにそんな…

  3. 語源

    へそくりの語源に迫る

    From:渡辺知応 べそをかくことはベソカキであり、その顔付…

  4. 語源

    なぜ、時を示す文字は日や月を使うのか?

    From:渡辺知応いやー!今日も1日よく働いたなぁ〜!ん?…

  5. 語源

    『生命=ありがとう』の方程式

    From:渡辺知応前回の記事で『ありがとう』の原意をお話しました。では…

  6. 語源

    ベソをかくの語源に迫る

    From:渡辺知応 顔をしかめて泣き顔をすることを『泣きべそ…

ピックアップ記事

  1. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由
  2. ことわざ

    現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない
  3. 日本のしきたり

    犬と安産を結ぶ、知られざる秘密
  4. 日本の風習

    日本のお墓事情について
  5. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった
PAGE TOP