ことわざ

おおむこうをうならす


From:渡辺知応

『大向こうをうならす』ということわざがあります。
あなたは知っていますか?

『大向こう』とは芝居小屋の舞台から見て正面のずっと後方のことをいいます。
そこには、、、
立ち見席や一幕見の観覧席があるのが常です。
そして、通と言われるような人は、好んでその席に座るそうです。
まぁ、料金が安いといこともあり、一般大衆が陣取る席でもあったそうですが、、、
時にひいきの役者に声をかけたり、下手な役者をなじったりするのも、ここに座っている人たちだそうです。

そうそう。
一時期テレビのワイドショーを騒がせた歌舞伎役者とその恋人の話にもこの『大向こう』の席の話が出てきましたね。
結局その恋人は『大向こう』の席には座らせてもらえなかったとか、、、なんだこうだと泣きながら言っていましたね。
まぁ、その歌舞伎役者からすれば、そこに座るにふさわしくなかったと無言のアクションだったのでしょう。

さてさて、『大向こうをうならす』というのは、そういった『大向こう』にいいる一癖も二癖もある人たちを『うならせる』ことを言います。
つまり、感心して、褒め称える声をあげさせる事を言います。

これは芝居ばかりでなく、あらゆる演芸についても言えます。
文学作品についても言える事です。
大衆文学についてはよく似合いますが、純文学につていうとなると、相手は口うるさい評論家達です。
そういった方達を『いや〜!見事だ!』とうならせる時にぴったりの言葉ですね。

また、わざとハッタリをきかせるような演技や作品を見せ続けると、『大向こうを狙ってばかりいるな』と逆に非難されることになります。
そういった役者や作者の事を『大向こうねらい』と揶揄されるようです。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?

    From:渡辺知応 かつては『下駄履きで起こしください』とい…

  2. ことわざ

    転んでもタダでは起きないっ!!

    From:渡辺知応転んでもたたでは起きない。と言えば、、、 (さらに&…

  3. ことわざ

    人を呪わば穴二つ

    From:渡辺知応 新聞を開けば、人を恨んで暴力行為に及んだ…

  4. ことわざ

    海老で釣られる鯛は幸せである理由

    From:渡辺知応魚の王様である『鯛』はたまた、伊勢海老や車海老などは…

  5. ことわざ

    木から落ちた猿

    From:渡辺知応 木を生活の場としている猿でも、木から落ち…

  6. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    ◯◯は女の武器?について。
  2. 四字熟語

    墓に布団は着せラレズ、、、
  3. 日本の風習

    あなたは知ってますか?節分は1年に4回あるってことを
  4. 日本の風習

    鯉のぼりが空を泳ぐ理由とは?
  5. 日本のしきたり

    亡くなった人はいつから『先祖』になるの?
PAGE TOP