ことわざ

現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない


From:渡辺知応

お医者さんが大事な仕事である事は言うまでもありませんね。
その感覚で言えば、医者なぞ必要ない!と病気のない世の中が実現すれば、それに越したことはありません。

まぁ、生老病死という言葉があるように、、、
人は生まれたら、老いに向かって歩み始め、病をして死する。という誰にとっても共通する運命が待ち受けているものです。
現実的に病気にならないとは言い難いですね。

さて、良く効く薬などを俗に『医者いらず』や『医者倒し』と呼ぶことわざ幾つかあります。
そんな中でも『柿が赤くなると医者が青くなる』といったとてもユーモア溢れることわざもあります。

秋の季節になると、柿は赤く熟し始めます。
この頃の快適な気候は、なんだか病気とは縁が遠のくような気持ちになります。

秋の果実である柿が『赤く』なり、病気が減ることで商売があがったりだと医者が『青く』なる様子になぞらえ、『柿が赤くなると医者が青くなる』と洒落をきかせたことわざです。

このことわざに類似したものもいくつかあるようです。
『蜜柑が黄色くなると医者が青くなる』
とか、、、
『柚が色づくと医者が青くなる』
といった具合です。
いずれも『医者が青くなる』は共通のようですね。

しかしですよ、、、
現実は全く違います。

柿が赤くなろうが、蜜柑が黄色くなろうが、柚が色づこうが、雪で一面が白くなろうが、桜で街路樹が桃色になろうが、、、

そんな季節要因に関係なく、慢性的な医師不足により、日勤夜勤日勤を繰り返しているお医者さんの気持ちは常に青くなっているのが現実のようです。

ある意味、この『柿が赤くなると医者が青くなる』を本当に望んでいるのは、お医者さん本人なのかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    手に負えない人を指すことわざ『薬缶で茹でた蛸』について

    From:渡辺知応『薬缶で茹でた蛸(たこ)』ということわざがあります。…

  2. ことわざ

    現代の『首尾一貫』について

    From:渡辺知応『首尾一貫』ということわざを知っていますか?まず、『…

  3. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める

    From:渡辺知応 先日のことです。 10代の頃からお世…

  4. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

  5. ことわざ

    毒食わば皿まで

    From:渡辺知応 『毒食わば皿まで』 どこかで聞いたこ…

  6. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語

    From:渡辺知応棚からぼた餅、、、どうやら、中学生や高校生など、若い…

ピックアップ記事

  1. 語源

    日本語の理解に苦しむ外国人
  2. 日本のしきたり

    結婚をするためにアレは必要か?
  3. 日本の風習

    人類が抱える最大の問題とは?
  4. 日本の風習

    スタバのソイラテは隠れたエナジードリンク?
  5. 日本の風習

    東京と富士山の関係
PAGE TOP