四字熟語

牛が一鳴きする距離


From:渡辺知応

『一牛鳴地』という四字熟語をご存知ですか?
え?読み方がわからない?

これは『いちぎゅうめいち』と読みます。

まぁ、区切りがみょうな位置にあって、、、『一 牛鳴 地』なのです。
また、読み方も『いちごみょうち』とも読まれる場合もある、ちとわかりにくい四字熟語なのです。

で、この意味ですが、内容はとても単純で、、、
牛がモォーと鳴く時、その鳴き声が聞こえてくる。そんな程度の距離感の時に使います。
まぁ、そこら辺に牛がいないので現代で使う機会は、、、ほとんどないのが現状ですかね。

厳密に何メートルといった決まりはありません。と言われても困りますか。
強いて言うなら、スープの冷めない距離とでもいいましょうか。

さてさて、この語句には、いかにも時間がゆっくり流れているような、そんな雰囲気がありますね。
のんびりした田園の風景が浮かんできそうです。

日常の忙しさにまいってしまう時にこんな言葉を使いたく、旅行に出かける方もいるとのこと。
私自身もこんな言葉を会話の中で使ってみたいが、周囲にはそれに似つかわしい環境がありません。
最寄りの駅からお寺までは一牛鳴地という会話は成り立たないのですね。

あの有名な歌の歌詞にもありますよね。
東京さ行って、牛(べこ)飼うだ〜♪

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 四字熟語

    馬の耳に、、、

    From:渡辺知応 『馬耳東風(ばじとうふう)』という四字熟…

  2. 四字熟語

    『四字熟語』は四字熟語なのか?

    From:渡辺知応 『四字熟語』は四字熟語なのか? ふと…

  3. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?

    From:渡辺知応『国士無双』とは、天下第一で優れた人物を言います。『…

  4. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由

    From:渡辺知応 しばしば、運がいいとか悪いとか、、、…

  5. 四字熟語

    意味がわかるようで、かわらない、『いみしん』の意味とは

    From:渡辺知応意味深長を略して『いみしん』と言った方がしっくりくる…

  6. 四字熟語

    乱雑や乱暴な様子を言う言葉

    From:渡辺知応 『狼藉者(ろうぜきもの)』という言葉は時…

ピックアップ記事

  1. 語源

    どうして、一日は『ついたち』と読むのか?
  2. 語源

    なぜ、時を示す文字は日や月を使うのか?
  3. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの
  4. 日本のしきたり

    お札とお守りについて
  5. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語
PAGE TOP