四字熟語

羊を追いかけた結末の話


From:渡辺知応

『多岐亡羊(たきぼうよう)』という四字熟語があります。
あまり聞きなれないことばですが、意味を知れば使いたくなる四字熟語です。

このことばは例え話になっています。
まず、、、
羊が一頭いなくなります。
その羊を一家総出で追いかけます。
追いかける途中で道が分岐しているので、二手にわかれます。
しかし、その先でもまた分岐があります。
道があまりにも多く幾多にも分かれているので、、、
とうとう羊の行方を見失ってしまう。

といった話を『多岐亡羊』といいます。

さて、試験やクイズの答え方に択一式というものがありますよね。
あらかじめ答えらしきものが幾つか用意されていて、その中から一つの正解を選ぶ形式のことです。

選択肢の数が少なければ、サイコロを振っても正解にあたることがありますが、、、
しかし、選択肢が多くなればなるほど、正しい答えを得るのは難しくなります。
まさに『多岐亡羊』ですね。

この四字熟語が出来たのは、中国の春秋戦国時代にまでさかのぼります。
思想家であり、個人主義であった楊朱(ようしゅ)が言いだしました。
羊を逃した隣人の様子を見ていて、はたと考え込んだそうです。

分かれ道があまりにも多いために羊を逃したか、、、
そうか。学問の道も同じだな。
あまりにも多方面にわかれていて、そのつどあっちへこっちへ勉強するから、その分野の真理に到達しがたいんだな、、、と。

学問が細分化されすぎていて、末筋にこだわるあまり、根本を見失いがちだということ。
あるいは、方針が多すぎてその選択に迷うこと。
こんなふうに、あれかこれかと迷う状況を指す言葉です。

例えば、、、
優柔不断な人に、そんなに羊を追っかけていると見失うぞ!
と使えそうですが、、、

まぁ、相手からすれば、はい????となるでしょうね。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界

    From:渡辺知応絶好調の滑り出しを見せている新シリーズ『美しき日本の…

  2. 四字熟語

    晴れた日が良い天気とは限らない理由

    From:渡辺知応 困った時の友を真の友と言う。と言ったフレ…

  3. 四字熟語

    おみくじを引く鳥の話し

    From:渡辺知応 山雀利根(やまがらりこん)? あまり…

  4. 四字熟語

    馬の耳に、、、

    From:渡辺知応 『馬耳東風(ばじとうふう)』という四字熟…

  5. 四字熟語

    優柔不断な人は芯がない人?

    From:渡辺知応『優柔不断』もちろん、褒めた言葉でない事くらいは誰で…

  6. 四字熟語

    東へ西へあちこち走り回る、、、

    From:渡辺知応現代人はとてつもなく忙しく毎日を過ごしています。こと…

ピックアップ記事

  1. 美しき日本の言葉

    お天道様についてのアレコレ
  2. 日本の風習

    そんなにお守りをぶら下げなくても、、、
  3. 日本の風習

    人類が抱える最大の問題とは?
  4. 美しき日本の言葉

    全くあいつは『度しがたい』ヤツだ!
  5. 日本の風習

    どうして正月が『めでたい習慣』となったのか?
PAGE TOP