四字熟語

最後に頼るのが仏様や神様である理由

From:渡辺知応

しばしば、運がいいとか悪いとか、、、
結果を人間の才覚や努力とは別のものとして言うことがあります。
運否天賦(うんぷてんぷ)という四字熟語がぴったりです。

まぁ、これは特に結果があまり好ましくない時に、、、
自分や他人を傷つけない、いじましい知恵でもあるとも言えます。

人の成功を、『あいつは運が良かっただけ』だと言って、自分と比較した優劣の問題にしたくない心理が人間にはあるようです。

人が不幸にあったとき、『運が悪かっただけだよ。』といえばいくらかのなぐさめになることでしょう。
でも逆に自分の失敗について、運が悪かっただけ、、、などと言うようならば…
まぁ、反省が足りないというか、対策が足りないというか、まだまだやれることはあっただろうに。。。と思いますよね。

はっきり言って、運があるかないか、良いか悪いかは、人間の力を超えたことです。
誰かがコントロールできることではありませんよね。
じたばたしても始まらない。といった感じですね。
あえて言うなら、運を使う前の準備次第で変わってくる、、、ということです。

運否天賦の四字熟語のように、運は天がわかち与えて下さるもの。
運は天に任せようということです。

一方、『天はみずから助くる者を助く』なんてことばもあります。
初めから何もかも天任せというのはいかがなものか、、、

人事を尽くして天命を待つ。というのがやはり順序として正しいのではなかと思います。

そうそう。
自分の成功について『運がよかっただけ』と聞けば謙虚に聞こえますよね。
しかし、その成功の裏には他人にはわかわない苦労が隠れている事を絶対に忘れてはいけません。

成功者の多くに共通して言えることですが、、、
全てやりきって、最後の最後に頼る所がは仏様や神様だったという人が多いのも事実だそうです。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 四字熟語

    乱雑や乱暴な様子を言う言葉

    From:渡辺知応 『狼藉者(ろうぜきもの)』という言葉は時…

  2. 四字熟語

    意味がわかるようで、かわらない、『いみしん』の意味とは

    From:渡辺知応意味深長を略して『いみしん』と言った方がしっくりくる…

  3. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話

    From:渡辺知応 『多岐亡羊(たきぼうよう)』という四字熟…

  4. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語

    From:渡辺知応 どんなに素晴らしい美人でも、わずかな欠点…

  5. 四字熟語

    東へ西へあちこち走り回る、、、

    From:渡辺知応現代人はとてつもなく忙しく毎日を過ごしています。こと…

  6. 四字熟語

    馬の耳に、、、

    From:渡辺知応 『馬耳東風(ばじとうふう)』という四字熟…

ピックアップ記事

  1. 美しき日本の言葉

    新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?
  2. 二十四節気

    1年で最も寒い時期だけど、春はすぐそこを表す『大寒』について
  3. 日本の昔話

    秘密の部屋で育てられたお姫様のお話
  4. 物事の始まり

    占いは本当に当たるのか?
  5. 日本の風習

    どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?
PAGE TOP