ことわざ

『縁の下の力持』の由来について

From:渡辺知応

『縁の下の力持』ということわざの『力持』とは、、、
一般的に力のある人のことを言っている訳ではありません。

じゃー何なのか?それはですね、、、
まぁ、似たような感じですが…重いものを持ち上げてみせる、昔の見世物の一つだといいます。
で、なぜ催し物の『力持』に『縁の下』がくっついたのか?

それは、当時の寺社などの縁の下は、その中に人が立っていられるくらい足高に作られていました。
その縁の下は時に見世物小屋の役割もしていたそうです。
そこで力持の芸をして見せたところからこのことわざが生まれたそうです。

とはいえ、『縁の下の力持』が無駄な骨折りしかり、人目につかないところで他人のために尽くすも、あまり評価されない。。。
と、いった具合で使われるようになったのは、やっぱり元々の場所が悪かったのかな、、、とも思ってしまいます。
つまり、縁の下での見世物は、さすがにあまり見やすいものではなかった、といことなのでしょう。

現代ではこのことわざは、人の陰で人力を尽くす行為を好意的に評価する表現として使われるようになってきています。

そうそう。
昨日まさにこの『縁の下の力持』的な話をしてきました。

今のままでも致命的ではないけど、、、
でも、もしアレが解決できたらありがたい。
痒いところに手が届くような感じの物が欲しいって具合です。

ウェブアプリケーションを使って情報共有できる『縁の下の力持的なシステム』を構築をしようと思っています。
さてさてどうなる事やら!

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    赤信号、みんなで渡れば、、、

    From:渡辺知応 新聞の見出しでなどで時々見かける、、、…

  2. ことわざ

    おおむこうをうならす

    From:渡辺知応 『大向こうをうならす』ということわざがあ…

  3. ことわざ

    転んでもタダでは起きないっ!!

    From:渡辺知応転んでもたたでは起きない。と言えば、、、 (さらに&…

  4. ことわざ

    毒食わば皿まで

    From:渡辺知応 『毒食わば皿まで』 どこかで聞いたこ…

  5. ことわざ

    本当に健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?

    From:渡辺知応 身体も精神も健全であることにこしたことは…

  6. ことわざ

    現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない

    From:渡辺知応お医者さんが大事な仕事である事は言うまでもありませ…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    現代も続けられる”お百度参り”
  2. ことわざ

    人を呪わば穴二つ
  3. 二十四節気

    寒さが厳しくなる『寒の内』の始まり
  4. 物事の始まり

    恐山の名前の由来
  5. 語源

    チャリンコの原点に迫る
PAGE TOP