ことわざ

濡れ手で粟ならぬ、小銭を掴む話


From:渡辺知応

濡れ手で粟(あわ)を掴む。
さて、濡れた手で粟をどうするかと言えば、文字通り掴むのであります。
粟といっても、実際にそれを手ですくった経験のある人は少ないと思います。

『一握りの砂』ではないけど、サラサラと指の間からこぼれてしまって、思うほど掴めないものです。

しかし、濡れた手で、、、
というよりは、濡らした手で掴むとすればまた状況が違います。
手のひらばかりか、手の甲にも粟粒は張り付いてきます。

この『濡れ手で粟』とは、苦労せず利益を得るたとえとして使われることわざです。
まぁ、それにしても貧欲な印象は否めませんね。

そうそう。
商店街の歳末セールの福引に硬化のつかみ取りというのを見たことがあります。
透明の箱の中に硬貨がびっしり入っていて、、、
しかし手を入れる穴はそれほど大きくない。
硬貨を多く掴めば抜けない。
少なくすればもらえる硬貨も少ない。
客寄せの催し物にはこれ以上の方法はないくらい。

まぁ、最近はほとんど見かけなくなりましたね、、、

この際、手こそ濡らしはしませんが、手いっぱいに小銭を握りしめ、小さい穴から手を抜き出す。
が、なかなか引き抜けない様子が目に浮かびませんか?

みっとも良いとは言い難い図がそこにはありますよね。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 近代家族の特徴と盲点

関連記事

  1. ことわざ

    赤信号、みんなで渡れば、、、

    From:渡辺知応 新聞の見出しでなどで時々見かける、、、…

  2. ことわざ

    転んでもタダでは起きないっ!!

    From:渡辺知応転んでもたたでは起きない。と言えば、、、 (さらに&…

  3. ことわざ

    現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない

    From:渡辺知応お医者さんが大事な仕事である事は言うまでもありませ…

  4. ことわざ

    『犬が歩く』ことわざといえば、、、

    From:渡辺知応タイトルから連想して『犬も歩けば棒にあたる』を思…

  5. ことわざ

    毒食わば皿まで

    From:渡辺知応 『毒食わば皿まで』 どこかで聞いたこ…

  6. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語

    From:渡辺知応棚からぼた餅、、、どうやら、中学生や高校生など、若い…

ピックアップ記事

  1. 日本の禁忌(タブー)

    丑の刻参りを見てはいけない。
  2. 日本の風習

    どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?
  3. 美しき日本の言葉

    全くあいつは『度しがたい』ヤツだ!
  4. ことわざ

    『逃した魚は大きい』とは言うが、本当にその魚は大きいのか?
  5. 日本の風習

    人間関係と日本の風習
PAGE TOP